中古マンションを考える

中古マンションを考える

仙台近郊の中古マンションはどうだろう

「夫の実家の土地に家を建てよう」となってから1年くらい経ちました(-_-;)
土地が更地ではないため、解体や木の伐採などをしなくてはならず、計画が全く進まないのもあり
「やっぱりこの田舎に住むのは嫌だな…」と思いはじめ「中古マンション」について調べてみました。

千葉に住んでいたころ、新聞の折り込みに「中古マンションのチラシ」もよく入っていて、それらを見ていると、築20年くらいの「2LDK~3LDK」のマンションだと、だいたい1200万円~1600万円くらいで売っていました。

それくらいで買えるなら予算内だなと思ったのと、老後を考えるなら「駅や病院の近く」に住んだ方がいいと思い、仙台近郊の中古マンションを調べました。

仙台近郊の中古マンションの相場

スーモで調べてみたところ、
・駅から徒歩15分圏内
・築20~25年
・3LDK
の中古マンションの相場は「1200~1500万円」ほどでした。
「管理費・修繕積立金」は合わせて、月々「2万円」ほどでした。

もっと築年数の浅いマンションの値段を見たかったのですが、希望エリアには築年数の浅い中古マンションはありませんでした(・_・;)




中古マンションのメリット・デメリット

住宅ローンのARUHIにこんな記事がありました。
中古マンションブームだけど、中古って本当に良いの? メリデメを徹底解説!
この記事に書いてある通り「値段が安い」「マンションの現状を知った上で購入できる」というのはメリットだと思います。

あとは、私のように田舎に住んでいると車は必需品なのですが、駅の近くや病院の近くに住めば、車を持つ必要もないです。

対してデメリットに「修繕積立金が高い」とあります。

築20年前後のマンションでは1回目の大規模修繕が終わり、2回目の大規模修繕に向けて修繕積立金が大幅に上がるケースが多くあります。

老後に「修繕積立金」が上がると家計を圧迫しそうですね…。

築年数のもっと古いマンションでは「修繕積立金」がいくらなのか調べてみました。
仙台近郊で古いマンションは「築約45年」というマンションがいくつかあったので、修繕積立金がいくらか見てみると月々「8000円~15000円」ほどでした。
3万とか4万とか取られるのかと思っていたので、そんなにしないのかと思いました(^^;)

他のデメリットとしては、マンションが古くなってくると、そこに住んでいる人が退去していき、空き部屋が目立つという話を聞いたことがあります。
そうすると十分な「修繕積立金」が集まっておらず、「修繕積立金の値上げ」につながるようです。

一般的にマンションの「修繕積立金」は経年毎に増えていくようなので、マンション自体の値段が安くても「修繕積立金を多く払う」ということがありそうです。

我が家にとってのメリット・デメリット

我が家にとってのメリット・デメリットを書き出してみました。

メリット(駅の近くと仮定して)
・車を持たなくてよい
・病院の心配がいらない
デメリット
・マンションを買う時の見極めが難しそう
・駅近に住むと、固定資産税が高い
・修繕積立金を多く払わなくてはならなそう
・修繕積立金が上がれば老後の家計を圧迫しそう

以上のことから中古マンションを買うことはないかなぁと思います。

維持費は戸建てが安い?

そのマンション買っても大丈夫?意外と知らないマンションの維持費とは

こちらの記事の一番下にマンション、戸建て、賃貸の「50年間の維持費の概算」が載っています。
これを見ても、戸建ての維持費が一番安いんですよね。

戸建てだと、修繕するタイミングや修繕するかしないかということも自分で決定できます。
でもマンションだとその決定は住民全体で考えなければなりません。
そういったお金を使うタイミングを自分で決められた方がいいなとお金のない私は思いました。笑

マンションって意外と維持費がかかるものなんだということがわかりました。

友人が神奈川の人気エリアに新築のマンションを買ったのですが、お金があるお家だし、資産価値が今後上がりそうなエリアなので、いいなーと思いました(・_・`)
年を取ったらそのマンションを売って、狭いマンションに引っ越してもいいですしね。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いしますm(__)m

中古マンションカテゴリの最新記事