収納の扉は「ロールスクリーン」にしたい

収納の扉は「ロールスクリーン」にしたい

クローゼットの扉を閉める習慣がない

また取り入れたい内装の話をします(^-^;

皆さんはクローゼットの扉って閉めますか?
私は誰かが来た時にしか閉めないです…(^▽^;)

クローゼットの扉を閉めてしまうと、服を取る時にいちいち扉を開けなきゃいけないのが面倒で。笑
そのため基本的に開けっ放しです。
常に開けっ放しなので、クローゼットの扉って邪魔なんですよね(-_-;)

こんな風に飛び出てて。
この扉外せるらしいんですけど、外したらどこかに置いておかなければならないし、退去する際にまた扉を付けるのが面倒なので外してません(^ω^;)




クローゼットの扉をロールスクリーンにするメリット

以前テレビでクローゼットの扉はつけないで「ロールスクリーン」にしているというお宅を見ました。
普段は開けておいて、人が来て「目隠し」をしたいときだけ隠せる!

扉の開け閉めが面倒な私は、それを見たときから「そのアイディアいいなぁ」と思っていました。
でもその人が「ロールスクリーン」をクローゼットの扉代わりに採用している理由は、部屋が狭いので「スペースを有効活用するため」と言っていました。

クローゼットの扉って「引き戸」でも「折れ戸」でも開けたときに扉の前にある程度スペースがないとダメなんですよね。

例えばこんな風にクローゼットの前にベッドを置くとすると、扉が「引き戸」や「折れ戸」の場合は「扉が開く分の距離」を開けておかないといけません。

でもロールスクリーンの場合は、クローゼットとベッドをくっつけちゃっても大丈夫です。
=狭い部屋ではスペースを有効活用できる!

そんなことを言っていました。
ロールスクリーンじゃなくても、扉を押し入れみたいな「引き違い戸」にしてもいいですけどね。

クローゼットの扉の値段は意外と高い

以前「概算見積もり」をもらった工務店さんでもらった「扉」の資料です。

恐らく標準仕様が「NODAのビノイエ」という扉のようです。
NODAのサイトに行って値段を調べてみました。

NODA:内装ドア・内装引き戸

↑のサイトにweb上で見れるカタログがあったので、カタログからなんとなくな値段を調べてみました。
押し入れの扉1つと、クローゼットの扉4つの「計5つ」の扉の値段は

約36万でした。

高いですね(゚д゚ )
だいたいクローゼットの扉1つにつき「10万」くらいしていました。

扉って家電みたいに割引とかってあるんですかね?
割引があるならこれよりも安くなりますけどね(・_・;)
ちなみに「価格.com」でクローゼットの扉を調べると安いもので3万くらいからありました。

ロールスクリーンの値段

ロールスクリーンは「布」なので扉と比べるともちろん安いです(‘ω’)ノ
今住んでいる部屋のクローゼットにつけるとしたらと仮定して値段を調べてみました。

部屋のクローゼットのサイズは「幅:160㎝ 高さ:200㎝」です。

楽天で調べてみると、このサイズのロールスクリーンはだいたい12000円くらいで買えるようです。

↑の写真のように5か所の扉をロールスクリーンにした場合は「6万」くらいで済むんじゃないでしょうか。

結構節約になりますね。
以前見たテレビ番組でも「扉類は高いので極力扉を減らして経費削減しました」みたいなことをやっていました。
改めて調べてみて、クローゼットの扉って結構な値段がするんだなと知ることができました(^^;

実際にクローゼットの扉をロールスクリーンにしたら使用感を書こうと思います(`・ω・´)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いしますm(__)m

家具・収納・インテリアカテゴリの最新記事